修理の達人ブログ

「修理の達人がリバーサのサービスについての知識や自動車の知識などアップしていきます!」

2012/11/22 木曜日

色合わせ。

暫くぶりの更新ですm(__)m

 

今回は、塗装の中でも調色(色合わせ)作業について紹介したいと思います。

 

修理で塗装する場合、塗る色は元のボディー色に合わせてやらないといけませんよね。

 

しかし、最近のボディー色は、『メタリック』や『マイカ』といった”キラキラする”色が使われたり、見る角度で別々の色に見える色が使われたりと、どんどん複雑化・多様化しています。

 

そんな色を観察したり比べたりするには、光の種類(明るさ・色など)が結構重要だったりします。

 

基本的に、色を見るには太陽光が最も良いとされています。しかしそれでは、夜や曇り空の中では色合わせが出来なくなりますよね。

 

そこで強い味方がコレ。

dsc03577.JPG 人工太陽灯といって、太陽光にとても近い光を再現出来ます。

 

 
この光をボディーに当て、数ある色見本から最も近い色を探し出すところから調色作業が始まります。

dsc03578.JPG dsc03579.JPG 3.jpg

 

 

 
 
 
これは強い味方②。

 dsc03582.JPGこの今ハヤリのタブレット型端末で、そのボディー色を構成する原色を検索します。

 

例)・・・・・・

赤    〇〇g

白    〇〇g

メタリック〇〇g

 

それをこの端末と繋がったハカリへ転送し、調合します。

 

dsc03583.JPG

 

出来た塗料を小さな板へ塗装して・・・

 dsc03584.JPG

 

ボディーの色と比べます。

dsc03585thumbnail1.jpg

 

 
比べた結果、足りない色を追加する→板を塗装する→ボディーと比べる・・・

 
 

これを繰り返して、最後にはボディーとぴったり合わせます。

 

 

この”繰り返し回数”をいかに少なくするかが、腕の見せ所なのです。

 

 

 

リ:バーサには、熟練の技術者が多数在籍していますので、安心してお任せ下さいね!

 

 

 

 

作成者: 修理の達人ブログ — 達人 @ 11:41:30

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


このページのTOPへ

Mobile Site