修理の達人ブログ

「修理の達人がリバーサのサービスについての知識や自動車の知識などアップしていきます!」

2011/1/28 金曜日

リサイクルパーツ 使用例

またまた前回の続きです。。。

いよいよ(?)実例を挙げて紹介します。

 

     ■ トヨタ  チェイサー  H12年式

 

1.jpg 

 

外装の損傷としては 

『ボンネット』 『左ヘッドランプ部』 『左フェンダー』 『Frバンパー』

フェンダーはもちろんですが、ボンネットも損傷が激しく、歪みがあります 

また、目に見える範囲以外(内側)にも、ダメージがあります。

 

 

見積もり時では、外装部品は新品に交換で作成してましたが

ユーザー様からの「可能な限り修理費用を抑えたい」とのご希望により

外装部品はリサイクルパーツを使用する事になり、同色パーツがあれば塗装をせずにそのまま交換する事になりました。

 

 

運よく、『ボンネット』 『左フェンダー』 は同色が見つかりまして

 

2.JPG     

部品の状態はキズはそれなりにあるものの、十分に良品の範囲

 

不自然な隙間や段差が出来たり、ちゃんと取り付け出来なかったりするので、内板は修理をします。 

 

 

『左ヘッドランプ』も無事に見つかり・・・

 

3.jpg

 

 

『Frバンパー』だけは同色が見つかりませんでしたが・・・

 

4.jpg 

キズも多く色違いでしたが、こちらを修理・塗装することになりました。

 

この車の新品バンパーは塗装されている物が供給されているようですが 

今回は色違いのリサイクルパーツを塗装する方が費用を抑える事が出来ましたので、こちらの方法での作業となりました。

 

 

組み付けて完成です ・・・肝心の写真を撮り忘れました(汗

 

今回の修理での、新品パーツとリサイクルパーツの比較を紹介します。

(使用した主な外装部品のみで、技術料・消費税含まず) 


 

                新品パーツ        リサイクルパーツ

■ 部品費用合計      175,900円         72,450円     

  対象 《 ・Frバンパー ・左ヘッドランプ ・ボンネット ・左フェンダー 》

 

■ 塗装費用              75,350円         32,000円

  対象     《・ボンネット ・左フェンダー》    《・Frバンパー》

line2.JPG

  費用合計       251,250円        104,450円

 

    

今回、同色パーツは塗装しなかったのもありますが・・・

リサイクルパーツを使用する事で、随分と部品代を抑える事が出来たというのが分かるかと思います。

 

ただ、あくまで一例ですので・・・

車種が違えば新品パーツとの価格差も違いますし、前回までに挙げた注意点や、何よりそのまま使用した場合、修理完成の状態に『納得が出来るかどうか』という点にも注意が必要です。

 

作成者: 修理の達人ブログ — 達人 @ 17:47:12

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


このページのTOPへ

Mobile Site