修理の達人ブログ

「修理の達人がリバーサのサービスについての知識や自動車の知識などアップしていきます!」

2011/7/3 日曜日

今ドキなクルマの鉄板たち。

自動車に使われている鉄板について。

 

 

さすがに今ドキの車たち。昔に比べて随分と頑丈に、さらに軽く作られていますね。

 

ここで大きな役割を持つのが高張力鋼板です。

 

これはJIS規格で認められた『SS材』と呼ばれる鋼材の中で、引っ張り強度が概ね490MPa以上のものをいい(通常は400MPa程度)、トヨタ車では一般的に590~780MPaくらいの鋼材が使われています。

 

 

そんな中、ごく最近の車は一部に超高張力鋼板なるものが使われるようになりました。

 

 

これは引っ張り強度980MPa以上(1GPa級)の鋼材で、従来の高張力鋼板よりも、『さらに強く・さらに軽く』車を作ることが出来ます。

しかし、部品交換のために溶接部分を切断・切削したり、溶接を行う際には専用のカッター・ドリル刃や、溶接用シールドガスが必要になります。

 

 

高張力鋼板や超高張力鋼板を使用するメリットは、車体の軽量化・高剛性化です。

 

通常の鋼板よりも強靭に作られているので、従来より薄い鋼板を使用しても十分な強度が保てる(→軽量化できる)ということですね。

 

 

デメリットは、強度の高い鋼板ほど加工が難しく、プレス成形時などには『割れ』等の問題が発生しやすいなど。

 

 

しかしこの鋼材には、炭素をはじめとしてシリコン、マンガン、チタンなど、10数種類の元素の配分を0.0001%単位で管理する技術が使われていて、この技術は門外不出なために海外での生産が出来ないそうです。

 

 

そんなこんなの超高張力鋼板ですが、リ:バーサではしっかりと対応できる設備・機器・技術が揃っていますので、

ご心配なく!!!!

作成者: 修理の達人ブログ — 達人 @ 17:42:32

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


このページのTOPへ

Mobile Site