修理の達人ブログ

「修理の達人がリバーサのサービスについての知識や自動車の知識などアップしていきます!」

2010/5/20 木曜日

ベルトのキュルキュル音

年式のそれなりに経った車や、特に軽自動車に多い症状ですネ

 ・朝(夜)にエンジンをかけた時

 ・雨の日

 ・頻繁に車を使わない方

なんて状況で、よくキュルキュル音が出やすいかと思います。 

原因としては、大体が“ベルト類のスベリ”です。

エンジン始動後、ベルトが暖まるとゴムが柔らかくなり音がしなくなる

というケースが多いのですが、良い気持ちはしませんよね(汗

 

 「ベルトが緩んでいる」

   ↑ベルトの張りを調整します。

 「ベルトが劣化(老化)してゴム質が硬化している」

   ↑ベルトの交換となります。

 

また、プーリーの問題という場合もあります。

『プーリー』とは、ベルトを掛けている回転部分の事なのですが

この部分が、例えば「サビが生じている」 「高温で溶けたベルトが付着」

などで表面がざらざらした状態(ヤスリのような状態)になっていると

例えベルトを新品に交換しても、すぐに再発(摩滅)してしまう可能性も。

そうなると、プーリーを新品に交換するのがベストなのでしょうが・・・

プーリーを研磨する事で改善する場合もあります。

ディーラーではされない所もありますが。。(汗

 (断られた経験ありデス) 

 

車種によっては『構造上の問題で音が出やすい』というのも

中にはありますので、メーカーから対策品が出ている事も結構あります。

 (各ディーラーでお問い合わせ下さい。)

 

私も経験あるのですが・・・ 

酷い場合だと、かなりの大音量でキュルキュル鳴り響きますので

結構恥ずかしい思いをします(笑)

カーショップなどでは、「ベルト鳴き止めスプレー」なんてのも

市販されていますので、使ってみるのも“一つの手”ですね。

ただ、異音は車の何かしらのサインでもありますので

信頼出来るところで愛車を診てもらう事をオススメします。

 

作成者: 修理の達人ブログ — 達人 @ 18:47:30

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


このページのTOPへ

Mobile Site