修理の達人ブログ

「修理の達人がリバーサのサービスについての知識や自動車の知識などアップしていきます!」

2009/9/1 火曜日

塗装へのダメージ

特に夏場から秋にかけて多く見られるのが

車体に鳥のフンが付着したまま放置している車。

固まってしまうと、それら付着物を簡単に取れなくなるどころか

塗装にシミクレーターの原因を作ってしまう恐れがあります。

虫に関しては、虫の血液成分によって塗装を破壊したりしますので

これから秋の行楽シーズンには特に注意が必要です。

鳥のフンに関しては、付着したまま放置しておくと

フンに含まれるによって、塗装面にシミを作ります。

シミになってしまっていたら手遅れの場合が多く

その場合、磨きでも消えない可能性もあります。

そうなってしまうと、処置方法としては再塗装になってしまい

補修のコストが非常に高くなってしまうケースも。

 

「後で取ろう」と面倒がらずに、塗装保護の為にも(見た目にも)

発見次第、処置する事をおススメします。

 

作成者: 修理の達人ブログ — 達人 @ 13:32:01

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー


このページのTOPへ

Mobile Site